スポンサーリンク

 

こんにちは!

 

京都にある伏見稲荷大社ですが鳥居が無数に連なった千本鳥居が有名ですよね!

色んな場所やメディアで写真を見られた、または実際に現地に行かれたという方も多いと思います。

 

神社が醸し出す厳かな雰囲気はとても好きなのでいつかあの鳥居をくぐってみたいなと思っているのですがなかなか機会を掴めず...

ただ実は似たような鳥居を目にすることができるスポットが山口県にあるという情報がここ最近になって話題になってきました!

 

その名も元乃隅稲荷神社

 

広島から山口はすぐに行けちゃうので友人を無理やり(?)連れて車で行ったのですが辿り着くまでがなかなかに過酷だったのです...

 

 

スポンサーリンク

元乃隅稲荷神社とは

 

元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)は、昭和30年に、地域の網元であった岡村斉(おかむらひとし)さんの枕元に白狐が現れ、「これまで漁をしてこられたのは誰のおかげか。」と過去からの関わりを詳細に述べた後、「吾をこの地に鎮祭せよ。」というお告げがあったことにより、建てられました。 商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神です。昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が、龍宮の潮吹側から100m以上にわたって並ぶ景色は圧巻です。 神社敷地内にある高さ約6mの大鳥居の上部には賽銭箱が設置されており、見事、賽銭を投げ入れることができたら願い事が叶うと言われています。

 

とのこと。

 

商売繁盛・大漁・海上安全がメインのようで水神のような感じなんですかね?

といっても良縁・子宝・開運厄除・福徳円満・交通安全・学業成就・願望成就などなど様々な恩恵を授かることができるということでどんな方でも行く価値がありそう!懐が深いねぇ~笑

 

高さ約6mの大鳥居にある賽銭箱というのも気になる!!

 

良い感じの紹介動画のようなものがあったのでぜひこちらもご覧になってみてください!

 

 

アクセス方法...がやばい。

 

山口県長門市油谷津黄498を所在地としている元乃隅稲成神社。

 

長門市と言えば角島でも有名ですね!

(割と近くなのに行ったことが無い)

 

今回は車で行くということでどこで高速を降りたらいいのかな~なんて思いながらアクセス情報を見てみるとこのように表記されていました。

 

・JR山陰本線「長門古市駅」からタクシーで約20分
・JR山陰本線「人丸駅」からタクシーで約20分
・JR山陰本線「長門市駅」からタクシーで約40分
・中国自動車道「美祢IC」から車で約60分

 

 

いやいやいや。

 

 

いやいやいやいや!!!!(゚Д゚;)

 

 

タクシー率高くない...?

車で行ったら高速降りてから1時間...??

 

もう少し読みすすめていくと注意事項に『公共のバスや列車でのアクセスは困難です。』という一文が。

 

 

どんなところにあるのよ!!!

話題性のある観光スポットってだいたいアクセスが良いところにあるもんじゃないの?!!←そんなことはありません。

 

無事に辿り着くことができるのか不安になりながらも今やスマホでナビを簡単にしてくれるので友人に案内してもらうことにしていざ車を発車させたのでした。

 

スポンサーリンク

お昼に立ち寄った瓦そば屋さん

 

山口県の名物と言えば瓦そばです!

 

隣県である広島県民なら普通に知っていると思ってたのですが一緒に行った友人3人は一人も知らなかったのでちょっとびっくりΣ(゚Д゚)

意外と知られてないんだねぇ...!

 

どんな料理かと言いますと、

 

瓦そばは山口県下関市豊浦町の郷土料理で、川棚温泉のホテルや旅館を中心に広まっている。西南戦争の際に熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちが、野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話からヒントを得て開発されたのだそう。そばとお肉を一緒に炒めたものを、麺つゆにつけて食べるというスタイル。正式にはそばを本当に瓦で焼くのだが、家庭ではホットプレートやフライパンを使い、気軽に食されているのだそう。紅葉おろしや錦糸玉子を散らせば、彩りも楽しめる。

 

 

簡単に言えば瓦で焼いた茶そばです!

モチモチ&(良い感じに焼き目がついて)カリカリとした食感茶そばの風味、そしてめんつゆとの相性が最高で我が家で頻度は高くないですが作って食べることもあります!

 

また具材のお肉や錦糸卵、きざみ海苔も美味しさに磨きをかけて最高♪(*´▽`*)

 

ちなみにお家で作るときはフライパンで作ります。

山口県民の方の中には瓦で焼く人もいるのかな??(´゚д゚`)

 

和風レストラン あまのゆ

 

山口県に行って瓦そばを食べるとなるとたかせというお店がかなり有名らしいのですが下の写真を見て分かる通り元乃隅稲成神社(汐風と書かれているところ)から遠いんです。

 

(電池の残量は気にしない気にしない。)

 

 

検索していると近くにあまのゆというお店を見つけ、写真を見るかぎり瓦で提供されるタイプのきちんとした瓦そばだったのでそこに行くことにしました!

 

あまのゆについて
海の見えるレストランあまのゆ
住所:〒759-4505 山口県長門市油谷伊上130番地 ホテル楊貴館内
営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
↓公式サイトはこちら↓ 

 

広島を出発して休憩をはさみながら約3時間。

あまのゆに到着しました!!

 

だがしかーし!

外観の写真を撮るのを忘れてました( ;∀;)

 

本当に申し訳ないです、すいません...

海にめちゃくちゃ近くて良い眺めでした!はい!!笑




瓦そばの登場!

 

着いた時には2時前でお腹がすきすぎていたのでちゃちゃっと注文をしてつい登場しました!!

 

 

瓦だ瓦!!

 

フライパンとか鉄板でなら瓦そばを食べたことがあったのですが瓦で食べるのは初めてだったので軽く感動(≧◇≦)

 

エビが載っているタイプは初めてだったのでこれも軽く驚きでした!

茶そばの焼き加減が絶妙で前述したモチモチ&カリカリな食感だったので完璧です♪

 

全員夢中になってしまったのかしばらく無言状態になってました。

(仲悪いわけじゃないよ!!!!笑)

 

ちなみにせっかくならちょっと贅沢しちゃえ!と思って鯛の釜めしもセットにしたのですがこれまた香りも味も格別!!

 

 

猫舌ですけど釜めしはアツアツなのが堪らないですね~

鯛の旨味がご飯に染みこんでいて美味しかったです♪(*‘ω‘ *)

 

 

瓦そば&釜めしのセットということでテーブルの上が大混雑になりました!

お店の人と協力しながらどうにか4人分を収めることに成功。

 

この作業が地味に大変でお互い頭がパンク状態になってましたね(^▽^;)笑

 

待ってろ元乃隅稲成神社!

 

お腹いっぱいになったところであまのゆを後に。

 

いよいよ元乃隅稲成神社に向かうことになるのですがいったんマップを確認してみると意外にも近いことが判明。

 

なんだ、簡単に行けるんじゃんと思い車を走らせるのですがとんでもない道のりが待っていたのです...

少なくとも運転手にはなかなかに辛い状況が。

 

どんな試練が運転手である僕に襲い掛かったのか!

無事に着くことはできるのか!

 

後編へ続く!!

 

【1月22日追記】

大変遅くなってすみません!!泣

後編が完成したのでぜひご覧になってください!!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事